ベストキンタイ研究所は、勤怠管理システムの相談窓口として、勤怠管理システムの製品相談、比較提案、導入支援、設定代行を行っています。
勤怠管理コラム

業務改善

勤怠管理の業務を効率化する仕組み

勤怠管理の業務を効率化する為には、勤怠管理システムを活用することです。 勤怠管理システムを活用する為には、勤怠管理の業務を定型化し、システムに移管することです。 業務の定型化する為には、業務のルールを明確にして、作業に落 …

36協定の盲点

先日、オオツキMクラブで開催された「規程例とポイントが見開き対照式でわかる就業規則のつくり方・見直し方」の出版セミナーに参加しました。 そのセミナーで、36協定について見落としがちなポイントを、学びましたので、2点お伝え …

勤怠管理を最適化する考え方

無駄な作業を効率よくこなしても、それは無駄な作業である。 無駄な作業を止め、必要な業務を厳選する事が最適化へつながる。 必要な業務とは、その結果により何かが変化するものである。 例えば遅刻申請書 その申請書が、理由の報告 …

勤怠管理の最適化に立ちはだかる壁

勤怠管理を行っていない企業はないと思います。 給与の支払いの元になるものであり、最低限、休暇日数はカウントされているのではないでしょうか。 社員の為に。自主性を重視して。最低限の管理で。会社の歴史と共に、勤怠管理の方法は …

そうだ 打刻、させよう。

コピーライター佐々木圭一さんの「伝え方が9割」を読みました。 さっそく、技術に従い「打刻忘れを防ぐ」コトバを考えました! もし気に入ったものがあれば使ってみてくださいね。   無断欠勤? してない証明を。 &n …

勤怠管理の定着化、とっておきの秘訣

今回は、創業1年記念として、特別なコラムにしました。 弊社のコンサルティングを受けた方にしか出していなかったノウハウを公開します。 勤怠管理を定着化する為のとっておきの秘策です。   勤怠管理システムの導入にお …

情報は情報を持っている人に集まる

情報を効率よく集めるコツは、情報を多く出すことです。 勤怠管理システムの選定をケーススタディーとして説明します。 各メーカーと打合せを行った際に、 1.自社の情報を出さず説明を聞く →カタログレベルの情報が集まる 2.実 …

ホワイトカラーの生産性を計測する

働き方改革により、労働の生産性が注目されてきています。 労働生産性の算出式では、「付加価値 ÷ 従業員数」と定義され、1人あたりの生産性が求められますが、以下の内容で算出することで、より明確に生産性が計測できるのではない …

勤怠管理システムの満足度が低い理由

勤怠管理システムを導入されている企業の人事担当者からよく聞く話です。 現在お使いの勤怠管理システムに対して、少なからず不満を持っているとのこと。 その背景には、勤怠管理の目的であったり、社内の働き方が変化しているからだと …

勤怠管理における作業と仕事の違い

勤怠管理の作業とは、勤務表や申請書のチェック、労働時間の集計など、定期的に実施する定型業務です。 作業には、ルールと正解があり、誰が実施しても同じ結果になります。 精度とスピードで評価されるものなので、システム化すること …

« 1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © ベストキンタイ研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.