ベストキンタイ研究所は、勤怠管理システムの相談窓口として、勤怠管理システムの導入相談、比較提案、導入支援、設定代行を行っています。
勤怠管理コラム

勤怠管理

これから期待できる、働き方改革機能

2019年4月に施行されました働き方改革関連法の改正への対応は各製品で進んでいます。 有給休暇の取得義務づけ、残業時間の上限規制へのアラート機能などが、勤怠管理システムに実装されています。   しかし、お客様が …

勤怠管理システムのサポートは難しい

勤怠管理システムは設定の内容により、いろいろな動きをします。 月給制の場合、遅刻・早退・欠勤などは控除時間として計上し、給与の控除時間として扱われます。 労働時間は給与計算に影響しない場合も多くあります。 時給制の場合、 …

勤怠管理システムの普及

日々、勤怠管理システムの導入相談をお受けしていて最近感じることをお伝えします。   中小企業における勤怠管理システムの普及をイノベーター理論で説明しますと、 働き方改革関連法の改正で、キャズムを越えたのではない …

勤怠管理システムの導入ステップ

勤怠管理システムの導入ステップは、以下となります。 ・要件定義 ・初期設定 ・動作検証 ・本番稼働 ・微調整 ・安定稼働 このステップは、メーカーが設定する製品でも、自社で設定する製品でも変わりません。 しかし、自社で設 …

給与計算システムと勤怠管理システム

勤怠管理システムの導入と給与計算システムの入替を同時に行いたいとのご要望をお伺い致します。   その際、どちらを先に対応していくか?という場面になるのですが、結論から先にお伝えすると、 給与計算のシステム化を先 …

使いやすさの判断基準

勤怠管理システムの導入相談では、使いやすいシステムをご希望される方が多くいらっしゃいます。 非常に重要な視点だと思いますので、今回はその判断基準をお伝えします。   勤怠管理システムの使いやすさは、2つの視点が …

勤怠管理システム 導入失敗とは

勤怠管理システムの導入が失敗すると、どのような症状に陥るかをお伝えしたいと思います。   (1)勤怠管理システムの運用が開始できない。 非常に分かりやすい例です。 システムの検討や試用をしたけれども、本番運用に …

経営者の意向と担当者の思い

勤怠管理システムの初期設定を自社で行うか、メーカーに任せるか? お打合せを実施していると、経営者の意向と経営者の思いが異なることが多々あります。   経営者は、人事担当なんだから勤怠管理に関する知識があり、勤怠 …

初期設定の難しさ

勤怠管理システム導入の成否を決めるのが初期設定です。   業務プロセスの60%は容易にシステム化できます。   60%から90%に引き上げるのが難しいですが、その30%が業務を効率化に大きく影響します …

スマートフォン打刻

勤怠管理システムの多くは、スマートフォン打刻に対応しています。 直行や直帰、出張時に打刻できる点で非常に便利な機能です。   スマートフォン打刻は、いつでもどこでも打刻できる為、不正防止の機能として、位置情報( …

1 2 3 11 »
PAGETOP
Copyright © ベストキンタイ研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.