初期設定

初期設定
失敗パターンのキーワード新着!!

勤怠管理システムの導入において、成功の定義は各社で異なりますが、失敗はある程度パターン化できます。 社内調整ができていない 経営者と現場の理解を得られていないと人事担当者が孤立してしまい、勤怠管理のシステム化に失敗します […]

続きを読む
初期設定
システム化による業務改善

勤怠管理システムを稼働させるには、自社の働き方に合わせた初期設定が必要となります。 各事業場、各部門など、全従業員の働き方の現状を把握する必要があり、その過程で、よくも悪くもいろいろな事が見えてきます。 労働時間の把握が […]

続きを読む
初期設定
就業規則だけでは設定できない

勤怠管理システムは、就業規則を前提に初期設定を行う。 ある意味正しいことではあるのですが、就業規則に書かれた情報だけでは、初期設定に必要な情報が把握できません。 就業規則は、勤怠管理における大まかな内容が書かれていますが […]

続きを読む
初期設定
業務の定型化とは?

勤怠管理システムはルールが明確になった(定型化された)作業をシステムに移管することで、業務を効率化させるものです。 では、定型化された作業とは具体的にどういう状態か?を今回お伝えします。 ※以下、定型化のサンプルとなりま […]

続きを読む
初期設定
検索力と質問力

勤怠管理システムの初期設定は、IT担当者よりも勤怠管理の業務に詳しい人事担当者が適任だとお伝えしてきました。 https://bestkintai.com/sf4/column20211105/ 今回は自社設定タイプの初 […]

続きを読む
初期設定
勤怠管理システムの動作検証項目(保存版)

自社で勤怠管理システムの初期設定を行った場合、正しく設定ができているかどうか不安になるかと思いますので、動作検証の内容をお伝えします。 勤怠管理システムの動作検証の項目です。 労働パターンの定義  ・固定時間、フレックス […]

続きを読む
初期設定
努力は評価されづらい

勤怠管理システムの導入は思った以上に大変です。 担当者にかかる負荷は大きく、かなりの努力が必要です。 しかし、その努力は評価されることは少なく、結果で判断されることがほとんどです。 費用をかけているんだから、正常に動作し […]

続きを読む
初期設定
無理しても、無理させてもダメ

勤怠管理システムをうまく活用していく為には、無理するのも、無理させるのもよくありません。 無理すると継続ができません 勤怠管理システムの導入において「多少の無理があっても」と考えてはいけません。 導入時の無理は未来の課題 […]

続きを読む
初期設定
設定の完成度はどこを目指す?

前回は完成度の高い初期設定をする為には、要件定義が必須とお伝えしました。 今回は続編として、完成度はどこまで高めるべきか? をお伝えします。   勤怠管理システムの場合、完成度は100%を目指してはいけません。 […]

続きを読む
初期設定
勤怠管理システムの要件定義と完成度

前回、勤怠管理システムで業務を改善させるポイントとして、要件定義と完成度ということをお伝えしました。 システムの初期設定を行う場合、要件定義は必要不可欠です。   要件定義とは、業務の内容を洗い出し必要な機能を […]

続きを読む