ベストキンタイ研究所は、勤怠管理システムの相談窓口として、勤怠管理システムの導入相談、製品紹介、導入支援を行っています

勤怠管理コラム

  • HOME »
  • 勤怠管理コラム

精神障害の労災補償状況

今回は、「精神障害の労災補償状況」です。 先日、ストレスチェックセミナーに参加しました際に厚生労働省の「過労死等の労災補償状況」を知りましたので、私なりに分析してみました。 出展:厚生労働省 平成26年度「過労死等の労災 …

営業が受ける営業

今回は、「営業が受ける営業」です。 みなさん、営業からの訪問依頼がありますと、お受けしていますか? 私は、展示会の後などにフォローアップのお電話を受けて、訪問依頼を受けますと、時間の許す限りお会いするようにしています。 …

お客様と営業との距離感

今回は、「お客様と営業との距離感」です。 営業側の視点で記載しますので、受ける側の見方で捉えてもらえれば、参考にしていただけるのではないかと思います。 初めて訪問させていただく際は、まず、お客様が何を目的として(求めて) …

そもそも、勤怠管理は必要か?

今回は、「そもそも、勤怠管理は必要か?」になります。 結論から記載しますと、「勤怠管理は必要」ですが、「勤怠管理システムはどっちともいえない」です。 「勤怠管理」の必要性は、人事総務部門の方ですと誰しも同意いただけると思 …

勤怠管理システムって、誰のために?

今回は、「勤怠管理システムって、誰のために?」になります。 勤怠管理システムを利用することで、業務の効率化が図れるのは、勤務時間の集計を担当している人事総務部門の担当者である。といった見解が大半かと思いますが、少し視野を …

隣の会社の勤怠管理

今回は、「隣の会社の勤怠管理」になります。 同じ業種、同じ規模、同じシステムを利用している会社があった場合に、それぞれの会社の勤怠管理方法や、システムの設定内容はまったく違った内容になっています。 違いが発生する要素は、 …

営業が知っている、勤怠管理をとりまく市場

今回は、「営業が知っている、勤怠管理をとりまく市場」になります。 前回までは、システムの選び方を中心にお伝えしてきましたが、今回は営業の視点で、市場をお伝えします。 以下に記載している数値は、日々の活動で得た情報からの予 …

勤怠管理システムの比較を容易にするポイント

今回は、「勤怠管理システムの比較を容易にするポイント」になります。 前々回、前回と、勤怠管理システムの選び方について記載してきましたが、簡単におさらいをします。 その1 → 従業員が簡単に使えるものを選択する その2 → …

勤怠管理システムの選び方(その2) 管理者の視点

今回は、「勤怠管理システムの選び方(その2) 管理者の視点」になります。 勤怠管理システムは、大きく2つの機能があります。 ・勤務時間の集計 →出勤、退勤の時刻を記録、給与計算に必要な残業時間等を計算 ・休暇の管理 →有 …

勤怠管理システムの選び方(その1)

2015年10月当時、ASP勤怠管理システムの専任営業として、日々お客様へ勤怠管理のサービスを紹介していました。 お客様との打合せは、ほとんど「勤怠」についてなので、ざっくり1週間で5件の商談、240日稼動で計算すると、 …

« 1 27 28 29
PAGETOP
Copyright © ベストキンタイ研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.