先週、厚生労働省の過重労働解消キャンペーンで開催されている「過重労働削減のためのセミナー」に参加してきました。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/roudoukijun/campaign.html

全国的に60回開催されているセミナーで、水道橋会場でも約100名の方が出席されており、皆さんの意識が高いことを実感しました。

講義では、過重労働における企業のリスクを中心とした知識と事例紹介による各社の成功事例と取り組み内容が紹介されていました。

事例紹介における取り組み内容はノー残業デーや、○時完全帰宅など斬新的なものはありませんが、共通している要素が2点ありました。

・本気で取り組む(会社として、経営者が率先して)
・取り組みを継続する

残業時間の削減に限らず、様々な取り組みにおいて重要な要素ですので、プロジェクトを検討推進する際の参考になるかと思います。