勤怠管理システムを導入されている企業の人事担当者からよく聞く話です。

現在お使いの勤怠管理システムに対して、少なからず不満を持っているとのこと。

その背景には、勤怠管理の目的であったり、社内の働き方が変化しているからだと思われます。

働き方においては、過去の常識は今の非常識になりつつあります。

そして、勤怠管理の方法も改善し、システムに求める機能も、常に変化し続けています。

その変化に柔軟に対応されている人事ご担当者だからこそ、勤怠管理システムに対する満足度が満点になることはありません。

しっかり、業務改善を実施している証拠だと思います。

また、勤怠管理システムには、今後ますます多様化するであろう「働き方」に追随できる、柔軟性が要求されるのではないでしょうか。