情報を効率よく集めるコツは、情報を多く出すことです。

勤怠管理システムの選定をケーススタディーとして説明します。

各メーカーと打合せを行った際に、

1.自社の情報を出さず説明を聞く
→カタログレベルの情報が集まる

2.実現したい事を情報として出す
→1.の情報に加え、実現したい事の対応可否が分かる

3.実現したい事に加え、現状の問題点を情報として出す
→2.の情報に加え、問題に対するアプローチ方法、メーカーとしての対応姿勢等が分かる

明らかに、3.のほうが自社にとって必要な情報が取得できますよね。

また、多くの情報を出しても、期待した反応がないことがあります。

それは、複数のメーカーに同じ情報を提供することで、メーカーの対応姿勢が比較できる情報となります。

そうです。お気づきの通り、期待した反応が得られないメーカーであるという情報が得られます。

勤怠管理システムのメーカーとは長い付き合いになると思いますので、この情報は非常に重要なものです。

更に、情報の提供ということに対して、返報性の原理がはたらき、想定外の情報が得られることもあります。

更に更に、情報と共に自分の意見も伝えていると、○○のような状況であるが、あなたはどう思うか?といった質問を得られます。

○○には、競合他社の情報であったり、メーカーとしてではなく、営業担当者個人としての意見など、Webでは到底入手することのできない生の情報が含まれます。

情報は持っているだけでは意味がありません。情報を活用(提供)することで、より多くの情報が得られます。

当たり前ですが、NDAは守ってくださいね(笑)