勤怠管理を行っていない企業はないと思います。

給与の支払いの元になるものであり、最低限、休暇日数はカウントされているのではないでしょうか。

社員の為に。自主性を重視して。最低限の管理で。会社の歴史と共に、勤怠管理の方法は最適化されてきたものだと思います。

しかし、働き方に対する社会の捉え方が急変してきました。

以前は良しとしていたことが、今は悪になってきています。

 

「24h働けますか?」のCM、今流したら・・・。

 

良かれと思って変化してきた勤怠管理の方法であるからこそ、足枷となり社会の変化に追随できない状況に陥ってしまいます。

社会の変化にいち早く対応することで、今の社会に適合した働き方が実現でき、勤怠管理も最適化されます。

その取り組みを的確に開示(採用活動等)することで、新しい労働者に共感され、今の優秀な人材が集まってきます。

勤怠管理の最適化を実現するポイントは、過去のしがらみから、うまく脱却することではないでしょうか。