勤怠管理システムの相談では「木を見て森を見ず」を改めて考えさせられることがあります。

 

勤怠管理システムという「木」
人事部門の業務全体という「森」

勤怠管理システムの導入を前提にご相談をお受けする事がほとんどですが、勤怠管理以外に優先順位が高い業務課題がある場合です。

勤怠管理のシステム化は、優先順位を落としても大丈夫なこと、最後に手を付ける事で、設定内容が明確化できる場合があります。

 

特殊なルールに対応できるという「木」
全社的に受け入れやすい使い勝手という「森」

勤怠管理システムは、全社員が利用することで、業務を効率化するものです。

一部の特殊なルールにこだわり、全社的に運用が困難なシステムを導入してしまうと、結果的に使われないシステムが残ってしまいます。

 

勤怠管理システムの導入に限らず、「森を見て考える」事を意識して活動しています。