勤怠管理システムの導入、運用し業務を効率化していくうえで、メーカーとの信頼関係は、重要なポイントです。

 

システムでの対応が難しい業務課題が発生した場合、

対応できていないシステムが問題だ!」と捉えるか、

システムを活用できるように業務プロセスを調整する」と思考できるかで、

その後の業務効率が大きく変わります。

 

勤怠管理システムは、勤怠管理の業務を効率化できるように作られています。

その製品で対応ができない業務課題は、特殊なケースであるか、発生頻度が低いものであるか、あえて機能を実装していないか、なんらかの理由が考えられます。

課題が発生した際に、メーカーの話を素直に聞けるかどうかは、信頼関係によって大きく異なります。

 

メーカーで製品を販売していた頃、同じ業種、同じ規模、同じ製品、同じサポートを実施しても、成功するお客様と、うまくいかないお客様がいらっしゃいました。

その根本原因は、お客様との信頼関係の有無だったと、いまさらながらに気づきました。

 

各製品のビジネスモデルは様々ですので、信頼関係の築き方もそれぞれ異なると思いますが、メーカーとの信頼関係ができるとストレスなく運用ができ、業務が効率化していきますよ。