今回は、「ホワイトカラーエグゼンプションは?」です。

最近聞かなくなったホワイトカラーエグゼンプションを少し調べてみました。

2005年6月に経団連が提言を行い・・・、2016年4月の施行を目指す、といろいろが情報が出てきます。
年収1,075万円以上の高度な専門的知識がある人、研究開発や金融ディーラーなどが対象となるようです。

今(2016/5/3)時点で、施行されてはいませんので、念のため。

ネットで検索しますといろいろな記事が出てきますので、もしご興味があれば、調べてみてくださいね。

マクロ的な視点では、ホワイトカラーエグゼンプションの是非が問われ、残業ゼロ法案など、いろいろな意見があるようですが、ミクロ的な視点では、別の見方ができるのでは?と思います。

本制度が施行されても、会社としてこれを採用するかどうかは、それぞれの企業の判断になると思います。

企業としてのメリットとなるのであれば、労使協定などにより(必要かどうか分かりません)適用すればいいと思いますし、不要と思えば、適用しなければいい。

そもそも、本制度の該当者はかなりのスキルがある方々ですので、本制度の適用により企業に魅力がなくなったら、外部に流れてしまうと思いますしね。

終身雇用が崩れてきており、人の流動性も軽視できない今、制度がどのように変わったとしても、その制度をうまく利用して、魅力ある企業にすることのほうが重要に思えるのですが、いかがでしょうか。

ミクロ的に捉えますと「ホワイトカラーエグゼンプションは、どっちでもいい」と思います。(個人的な見解です)