2016年11月1日より1カ月間、厚生労働省の過重労働防止キャンペーンが開始されます。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/roudoukijun/campaign.html

11月6日(日)には電話相談窓口「過重労働解消相談ダイヤル」も開設されます。

2015年の実績では、11月の1カ月間で、全国5,031事業場が重点監督され、3,718事業場で法令違反が確認されていますので、今年も同規模になると思われます。

過労死自殺の報道などにより、長時間労働などの労働環境が社会問題化されてきていますので、今年は規模が拡大されるのか?
と思いますが、労働基準監督官の数も限られていますので・・・。

会社にとっても、長時間労働の削減によるデメリットが一時的にはあるかと思いますが、中長期的なメリットのほうがはるかに大きいので、対策は必須かと思います。