勤怠管理システムの導入は、従業員から見ると面倒くさい以外の何物でもない! 人事部が楽になるだけではないか?といったご意見が多いかと思います。

その理由は、ズバリ、一般従業員から見ると、勤怠管理システムへ期待する事が、0(ゼロ)、何もない からです。

期待値が0であれば、余計な工数が増えるだけですよね。

逆に、期待値を与えることができれば、勤怠管理システムは、その期待に応えてもらえるツールになるので、歓迎される可能性は高くなります。

従業員の期待を明確化し、その 期待に応えるもの = 勤怠管理システム という絵が描ければ、社内からの協力も得やすくなります。

機会があれば、従業員が期待する例もコラムで取り上げていきたいと思いますね。