タイムカード+付属の集計ソフトと勤怠管理システムの違いを記載したいと思います。

出退勤の時刻を記録するという目的においては、タイムレコーダーも勤怠管理システムも実現できることに相違はありません

給与計算に必要なデータを作成する点において、異なってきます。

タイムレコーダーでは、打刻記録を前提とした集計が可能です。
打刻記録がない場合には、管理者により補完が必要になり、フレックスタイムなど集計方法が異なる社員に対しては、Excel等により
別の集計の必要性があります。

勤怠管理システムでは、打刻がない場合は申請書にて補う機能があり、現場での承認を含めた訂正が可能です。また、集計ルールも複数設定でき、自動集計が可能です。
その他、休暇の管理も付随されていることが多く、打刻から集計までの作業工程において、管理者の負担は大きく低減できます。

クラウド製品においても、フリーで利用できるものから、有償のものまで、幅広く存在していますが、価格差は上記の機能有無により、差が生じています。

次回は、勤怠管理システムにおいて、低減できる管理者の作業について記載したいと思います。