勤怠管理の業務が、特定の担当者に依存していませんか?

勤怠管理システムの導入前のお客様に共通して起こっている事が多くあり、勤怠管理の業務、判断が特定の担当者に集中してしまい、結果的にルールブックになってしまっている状況です。

担当者は、給与計算のデータを作成も兼任しており、イレギュラーケースの判断基準は給与計算上(データ作成)矛盾が生じないか?処理ができるか?によってなされてしまうことも懸念されます。

当然のように、担当者の業務の負担は増加し、ケースバイケースでの対応せざるを得ない状況になり、ますます属人化が進みます。

その末期症状において、勤怠管理システムの導入検討が始まります。

この状況のまま、勤怠管理システムを導入しても、属人化は解消されることはなく、担当者の負担が一時的に減るだけとなります。

勤怠管理システムを導入する際には、勤怠管理の業務フローを見直すことから始め、最適化した後に、システムに置き換えることがポイントです。