勤怠管理の作業とは、勤務表や申請書のチェック、労働時間の集計など、定期的に実施する定型業務です。

作業には、ルールと正解があり、誰が実施しても同じ結果になります。

精度とスピードで評価されるものなので、システム化することで、最大限の効果が期待できます。

 

勤怠管理の仕事とは、定型化されていない業務のルールを明確化し、作業に落とし込むことです。

作業化することができれば、システムで処理することができ、業務の効率化が加速します。

仕事にはルールや正解はなく、担当者のスキルによって結果は大きく異なります。

 

勤怠管理システムは、導入時に定型化された作業をもとに設定を行いますが、それを増やし続けることで、継続的な勤怠管理業務の改善が実現できます。

システムをご利用中の方は、今のシステムを最大限ご活用いただければと思います。

これからシステム導入をご検討される方は参考にしてみてくださいね。