以前、勤怠管理システムの活用レベルについて記載はしていましたが、今回は、活用方法について触れてみたいと思います。

既にシステムを導入している場合をイメージして記載しますが、これから導入しようとしている場合にも応用が可能です。

まず初めに、「現状、問題と感じている点」を列記してください。

そして、「手作業で実施している定型作業」を列記してください。

この2つが解決できれば、勤怠管理システムの活用は確実に進みます。

上記をシステムで実現できるかどうか、メーカーサポートに聞いてみましょう。

サポートの回答と自社の管理方法に合わない点が出てくると思います。

自社の管理方法(業務フロー)は、いつ作成されたものですか?

古き良き時代を引きずっていませんか?

業務フローを変える事で大きな影響はありますか?

無駄を感じていませんか? 

労働時間に対する社会の捉え方は急激に変化しています。

働き方改革の時代に合わせた勤怠管理の活用を進めてみませんか。