勤怠管理の業務を効率化する為には、勤怠管理システムを活用することです。

勤怠管理システムを活用する為には、勤怠管理の業務を定型化し、システムに移管することです。

業務の定型化する為には、業務のルールを明確にして、作業に落とし込む事です。

 

作業とは、ルールに沿って実施するもので、誰が行っても結果が同じになるものです。

このように勤怠管理のシステム化を実現した後、システムの運用ルール(登録、承認、記録など)を定める事が必要です。

運用ルールは、全員、誰が見ても明確であり、何も考えずに、操作できることが必要です。

 

その結果、勤怠管理の業務は、仕組みとなりに動き続けます。