勤怠管理システムの製品選定段階で、よく実施される製品デモの受け方をお伝えします。

 

製品デモでは、打刻、申請、承認、締め処理の一連の流れを確認し、現場の従業員が使いやすいかどうかを確かめることが必要です。

私のメーカー時代の反省点でもあるのですが、メーカー担当者は、他社との差別化を意識していますので、他社製品と比較して優位性のある機能を中心に見せたがります

打刻など、他社製品でも当然にある機能は省きがちになり、製品を使った時の流れではなく、特長を点で見せられます。

デモを受けるときには、日々行う操作の流れを確認するように、意識してください。

 

そして、最も重要な点は、メーカー担当者との会話がスムーズにできるかどうかです。

最初の違和感は、中長期的なお付き合いをする上で、大きな歪となって表れることが多いですので。