勤怠管理のシステム化するメリットとして、勤務状況の確認業務が自動化できることがあげられます。

確認の結果、何らかのアラートとして、該当者に告知されますが、その質は大きく2つに分けられます。

 

過去の事実に対するアラート

・打刻されていない
・残業申請が出ていない
などなど

 

未来の懸念に対するアラート

・このまま働くと36協定に抵触する可能性がある
・この状態が続くと、有給休暇の取得ができない
などなど

 

この2通りのアラートは、時間軸により重要度が変化します。

 

過去の事実に対するアラートは、勤怠管理システムの導入から定着化に向けて必要なものです。

未来の懸念に対するアラートは、働き方改革につながるもので、会社と従業員の働き方に対する共通認識を持つために必要なものです。

 

自社の状況に合ったアラートを、うまく使ってみてくださいね。