勤怠管理システムは働き方の多様化に合わせ、設定変更が必要です。

今お使いの勤怠管理システムで、

システム化できていない定型作業は残っていませんか?

設定変更で対応が可能かどうか、確認してみることをお薦めします。

 

特に、勤怠管理システムの担当者が変更した後は、メーカーとの距離が遠くなってしまうケースが多いですので、注意が必要です。

 

勤怠管理システムを利用していて、対応できていない定型作業がある場合、

設定の変更で対応できる可能性がありますよ。

来年施行されるの働き方改革法案の対応と合わせ、設定の再確認には良いタイミグかもしれませんね。