(1)勤怠管理に関する課題は明確になっていますか?

(2)その課題は、勤怠管理システムを導入することで解決できますか?

勤怠管理システムの相談では、この2つの質問から始めます。

 

(1)はご相談者に問いかける質問で、

勤怠管理システムへの期待値を知ることができます。

 

(2)はこちらからお伝えする内容で、

勤怠管理システムの導入で改善される業務をイメージすることができます。

 

このやり取りにより、勤怠管理システムを導入する段階かどうかが判断でき、導入に向けた具体的な検討に入ることができるようになります。

 

すごく基本的なことですが、すごく重要なポイントですので、改めてお伝えしました。