勤怠管理の運用ルールは明確になっていますか?

その運用ルールは、現場に浸透していますか?

 

勤怠管理システムを導入するとき、勤怠管理の運用ルールが明確になります。

勤怠管理システムを運用することで、そのルールを現場に浸透させることができます。

 

この視点を持つことで、勤怠管理システムの利用により、勤怠管理の業務は効率化します。

不明確なところがあると、それは人の作業で補填することになります。

それは、無駄な作業であり、システム化のメリットを低減させることになります。

 

勤怠管理システムの導入で最も重要なポイントは、システムの製品選定ではなく、自社の勤怠管理の運用ルールの明確化です。

 

これから導入をご検討されている方は勿論、勤怠管理システムをご利用中の方も、運用ルールが明確かどうか、今一度見直ししてみてはいかがでしょうか。

勤怠管理の業務が大きく改善できるかもしれませんよ。