勤怠管理システムの初期設定を行う際の注意点をお伝えしますね。

 

初期設定を行う際、設定項目の詳細から検討してしまうと

木を見て森を見ず

の状況に陥ってしまいます。

 

まずは、勤怠管理業務の全体の流れを把握しましょう。

その上で、自社の働き方のパターンを洗い出しましょう。

そして、最も管理が必要な働き方の管理方法を考えていきましょう。

時刻の記録方法、申請書の種類、残業の計上方法など、1ヵ月の流れをイメージしてみてください。

そのイメージを、詳細な設定内容に落とし込むようにしてください。

 

勤怠管理業務の全体を意識して、初期設定を進めてくださいね。