勤怠管理のシステム化成功の鍵となるのが、社内の根回しです。

 

勤怠管理システムの導入は、現場の従業員から歓迎されません。

人事部門だけで進めてしまうと、いざ稼働となったときに現場の協力を得づらくなってしまいます。

 

システム選定では、現場の権力者を巻き込んでおきましょう。

プロジェクトは社長からのトップダウンで開始するのが理想です。

その上で、自社に合った製品であれば、成功に大きく近づきます。

 

勤怠管理のシステム化は、社内の根回しで成否が決まると言っても過言ではありません。