勤怠管理システムの導入を成功させるには、失敗を避けることです。

 

成功とは、業務が効率化した! 労務管理が強化された! 不正がなくなった!  など、各社それぞれ異なります。

 

しかし、失敗は、各社同じ現象になります。

・従業員に使ってもらえない

・給与計算システムとの連携ができない(Excel修正が残る)

・業務効率が悪化した

・従業員のミスが頻発する

などなど

 

失敗には原因がありますので、その原因をあらかじめ排除していくことで、失敗の大半は避けられます。

 

そして、運用が始まった後にも、その時の働き方に合わせた柔軟な対応を行っていくことも重要です。

今のご時世、昨日の常識は、今日の非常識になりかねませんので。