勤怠管理システムの導入相談では、使いやすいシステムをご希望される方が多くいらっしゃいます。

非常に重要な視点だと思いますので、今回はその判断基準をお伝えします。

 

勤怠管理システムの使いやすさは、2つの視点があります。

・管理者が使いやすい

・従業員が使いやすい

重要なのは、従業員が! 使いやすいです。

その判断ができるのは、人事担当者でなく、現場の従業員の方なんですね。

 

検討段階での製品デモは、現場のマネジャーや従業員にも参加してもらい、現場が使いやすいものを選んでもらうことをお薦めします。

稼働後のリスク(使い勝手の苦情、利用されない等)を最小限に抑えられるので。

 

勤怠管理システムを利用する大多数は現場の従業員です。

このことをお忘れなく。