勤怠管理システムの導入は、「急がば回れ」です。

 

システムの選定において、管理部門だけで決めるのではなく、営業部門など現場と一緒に選ぶことが必要です。

導入後に現場の協力が得やすくなり、結果的に定着化が早まります。

 

システムの初期設定において、とりあえず打刻から開始してみるのではなく、現状の業務を分析し、システムの利用を前提とした業務プロセスに変更することが必要です。

システム化による業務の効率化が早まります。

 

システムの動作検証において、とりあえず運用を開始してみるのではなく、過去の出勤簿を利用した検証、並行稼働など、しっかりとテストを行い確認することが必要です。

本番稼働後の負荷やトラブルが大きく削減されます。

 

勤怠管理システムを導入することで、労働時間の管理が強化され、業務は効率化します。

その実現には、しっかりとした製品選定、初期設定、動作検証が必要ですよ。