勤怠管理システムの難しさについてお伝えしたいと思います。

勤怠管理の業務改善を考えた場合、部分最適では難しく、勤怠管理業務の全体最適を考えないといけません。

 

働き方改革関連法の改正に対応する為に、

・有給休暇の管理簿に対応できるようにしたい

・労働時間の状況を客観的に把握したい

など個々の要件に対応できればよく、それ以外は現状維持で問題ないと考えられているケースをよく聞きます。

必要最小限の対応をシステムで実現できればと。

 

もちろん、システムを導入し、必要な機能だけを利用できないわけではないですが、

多くの場合、部分最適を実現すると、業務効率が悪化し、運用が困難な状況になってしまいます。

 

勤怠管理を改善させるには、部分的な課題を解決するのではなく、勤怠管理の業務全体を最適化する必要があります。

その為には、管理側だけでなく、現場を含めた勤怠管理に関連する業務内容を見直し、システムの利用を前提とした業務プロセスに変えていくことが必要不可欠です。

勤怠管理システムを活用するには、非常に重要な視点ですよ。