これからの勤怠管理システムに期待したいことをお伝えしたいと思います。

 

それは、スマートフォンでの承認者支援機能 の強化です。

スマートフォンで打刻や申請ができるシステムは多くありますが、承認がスムーズに行えるようになると非常に便利になります。

 

特に残業申請などは、リアルタイム性が求められますが、承認者は常にPCの前にいるとは限りません。

スマートフォンへの通知、ワンクリック承認など、申請書の承認が容易にできるようになると、現場上司の利便性が大きく向上します。

 

ビジネスチャットツールとの連携で、申請承認時のコメントやチャット上での承認とシステムが連動することも考えられます。

 

また、その申請の承認をしてよいかどうかの判断ができる情報が承認画面に表示されると、なお使い易くなりますね。

例えば、残業申請の承認画面で、承認した場合の残業合計予測時間が表示される機能などは、非常に良いかと思います。

 

勤怠管理システムも、他のアプリ同様にスマートフォンでの利用が増えてくると考えられますので、操作性の向上を期待したいです。