勤怠管理システムで、運用開始はスタートラインです。

 

運用が始まると、 人事担当が最善だと考え設定した運用ルールに対して、現場とのギャップが課題として発生してきます。

 

ここからが、重要です。

 

運用前に考えたルールに固執すると、業務は効率化しません。

業務は悪化し、勤怠管理システムは形骸化します。

 

運用後に出てきた課題を一つ一つ解決していくことで、自社にとって最適な勤怠管理の運用に近づいていきます。

運用後、2,3ヵ月立ちますと、現場とのギャップもかなり埋まり、通常業務として運用が確立されているかと思います。

 

その時にシステム化前の状態に戻れるかどうか考えてみると、勤怠管理の業務が効率化していることを実感できると思います。

勤怠管理システムへの投資が回収に変わるタイミングを是非、実感してくださいね。