勤怠管理システムの導入が成功する条件は以下2点です。

勤怠管理の運用ルールが明確であること

運用が作業に落とし込まれていること

 

勤怠管理システムは、誰がやっても同じ結果になる単純作業をシステムにより正確に瞬時に行うものです。

出勤時刻と退勤時刻をもとに労働時間を集計する。

有休の申請承認されたら、出勤簿に記録し残日数を減算する。

平日(出勤予定日)の記録有無を確認し、なければ確認する。

などなど。

勤怠管理システムの機能は単純作業の集合体であり、その組み合わせにより各社のルールを構成し、運用を実現します。

 

勤怠管理の運用が作業化されており、その作業をシステム化することで、業務が効率化する。

これが、勤怠管理システムの導入が成功するポイントです。