勤怠管理システムの画面デザインは非常に重要なポイントです。

利用者がストレスなく簡単に利用できる、システムの操作性や画面デザインにより、従業員が受け入れやすくなる為です。

 

しかし、アラートまでも、画面デザインと統一性を持たせてしますと、警告として機能しなくなってしまいます

アラートには、利用者に違和感や気持ち悪さを与えるぐらいの、奇抜性が必要です。

アラートが出ていると気持ち悪い、だからそのアラートを消す、改善させる行動をとる。

 

警告の色が設定できる場合には、赤などの原色で、あえてデザインの統一性を崩すのも、アラートの意味を持たせる上で必要なセンスですね。