勤怠管理システムのメーカーのWeb、導入事例を見ると、システムの導入効果として素晴らしいことが記載されております。

しかし、導入担当者がその効果をイメージすることができないとその結果はでません。

 

導入効果のイメージができる状態では、

その方法は明確になっていて、

必要な機能や設定がイメージできているもの

です。

 

逆に、不安があると、その不安は現実になってしまいます。

 

勤怠管理システムは、

体験版をさわってみる(自社設定)、メーカー担当者としっかり相談する(メーカー設定)ことで、

導入後の効果がイメージできるようになってから、導入を進めてくださいね。