勤怠管理システムの導入時に、100%完璧な状態を目指してはいけません。

 

製品選定では、勤怠管理業務のすべてを効率化したいと考えますが、100%の自社の状況にあった製品はありません。

また、業務内容の変更、働き方の柔軟性等により、管理内容も随時変化していきます。

 

システム導入時は、70%程度の完成度の完成度で運用を開始されることをお勧めします。

運用を開始すると、足りていなかったこと、導入前には気づかなかったこと、予想外の現場反応などが分かります。

その上で、設定の微調整等により、徐々に自社の理想に合わせていくようにしてください。

 

70%を実現できると、業務効率は大きく改善します。

100%を実現するには、膨大な労力とコストがかかります。

 

勤怠管理システムを活用するコツは、徐々に合わせる、状況に合わせて変化させることです。

その際も100%を求めてはいけませんよ。