勤怠管理の業務に点数をつけ、勤怠管理システムとの関係をお伝えしてみたいと思います。

 

勤怠管理の業務を10点満点で考えると、

マイナス点 → 0点 勤怠管理システムを導入
1点→5点 システムの稼働から定着化まで
6点→9点 業務改善、システムの微調整
10点満点 目指してはいけない領域

上記の点数は、ご担当者のイメージとなります。

 

勤怠管理の業務で、マイナス点を付けられる場合、勤怠管理システムの新規導入が進みます

現状の業務で1点以上の評価をされている場合は、検討だけで終わってしまうことが多いです。

状況の変化(担当者の変更や時間有休の開始など)で、プラスからマイナス点になることもありますので、点数は変化するものだと思います。

 

また、システムで10点満点を目指してはいけません。

満点に引き上げるには、費用がかさむだけで効果はあまり期待できません。

 

勤怠管理システムでは、一部改善の余地があるが、概ね満足している状態、6点~9点を目指すのが良いかと思います。