結論を先にお伝えしますと、お客様の課題により異なります。

 

勤怠管理システムは、お客様の業務課題を解決するものです。

お客様が感じられている課題が明確で、勤怠管理システムにより解決できる場合は必要ですし、

課題があいまいな場合は必要性を再確認する必要があります。

 

勤怠管理システムは、管理の強化と業務の効率化を実現するものであり、定型化された作業に対し効果を発揮します。

課題が明確でも、業務が作業レベルに落とし込まれていないと勤怠管理システムを導入してもシステム化できない業務が残ります。

 

規模の大小に限らず、お客様の課題が解決できるのであれば、勤怠管理システムは必要ですが、

課題があいまいな場合には、必要性を今一度、考え直してみてはいかがでしょうか。