アフターコロナの勤怠管理について、お伝えしたいと思います。 注)あくまで、私の考えです。

 

経済活動が平常化したとき、勤怠管理(システム)は

変わるのか?

変わらないのか?

ということを、ここ1ヵ月考えていました。

 

その結論は、「変わらない」です。

但し、「クラウドシステムを必要とする会社は増える」です。

 

クラウド勤怠管理システムは、複数事業所を持つ会社において、本社での一括管理ができる事が大きなメリットでした。

テレワークでは自宅等で勤務しますので、社員の数だけ勤務場所が増える事になります。

規模が小さな会社でも、テレワークにより、勤怠管理をクラウド化するメリットが出てきます。

 

また、紙から電子化のペーパーレスは加速すると思いますが、

有給申請などは電子化されていますので勤怠管理システムでは、大きな変化はないと考えられます。

 

アフターコロナの勤怠管理は変わらない。

勤怠管理システムを必要とする会社は増える。

と思います。