メール配信 200回の節目なので、私が活動している目的、目指すべきものをお伝えしたいと思います。

 

1.勤怠管理システムを導入すると、

現状が把握できる ようになります。

→勤怠管理のデータ取得

 

2.勤怠管理システムの運用を進めると、

労働環境の課題が見える ようになります。

→データを情報にして活用

 

3.勤怠管理システムが定着化してくると、

労働環境の改善方法が分かる ようになります。

→情報を活用する知識の蓄積

 

4.労働環境が改善していくと、

働きやすい環境 ができます

働きやすい環境は 社員を幸せ にします

社員が幸せになると、会社も幸せに なります

これには、知恵と行動、勇気 も必要です。

 

勤怠管理システムで 幸せが増えることを期待して、日々導入相談をお受けしています。