勤怠管理システムは、同じ製品でも要件定義、初期設定の内容により、性格が異なるシステムが組みあがります。

 

業務の効率化 << >> 管理の強化

業務を効率化していくと管理が緩くなる。

管理を強化していくと業務効率が悪くなる。

 

相反する要件に対しどうするか?

という点で迷ったら、以下を基準にしてみてはいかがでしょうか。

 

最低限必要なレベルで管理の強化をしつつ、

業務の効率化を中心に考える。

 

各企業において、最低限必要なレベルは異なりますので、自社の基準でイメージいただければと思います。

但し、働き方改革により、打刻による労働時間の状況を客観的に把握することは、最低限必要かと。

 

勤怠管理システムは、うまく活用してくださいね。