久しぶりに、勤怠管理システムの営業時代を思い出して、メーカーの営業視点でお伝えしたいと思います。

 

勤怠管理システムの導入が決まるポイントは、

・お客様の 会社に利益 が生じる

・人事の ご担当者に利益 が生じる

の2点が揃うときです。

どちらか一方の利益だけでは、導入に至りません。

この感覚を持っていないと、押売りになってしまうので注意が必要です。

 

そして、従業員のメリットが決定打 となります。

従業員のメリットとは、

現場での業務負荷が低減する

上司に必要な勤怠情報が提供できる

残業時間が厳格化され、残業代が支払われる

などです。

 

会社の利益、担当者の利益、従業員の利益、この3点が明確に提示できるお客様ですか?

3点が揃ったお客様からは安定稼働後に感謝されますよ。