テレワークに適した勤怠管理システムを紹介してほしい。

最近、このような相談が増えてきましたので、テレワークと勤怠管理システムについてお伝えします。

 

結論からお伝えしますと、
クラウドで提供さているものであれば、ほとんどの製品がテレワークに適しています

 

クラウドの勤怠管理システムのメリットは、価格が安く、容易に始められる(サーバーが不要)といったことに注目しがちです。

しかし、クラウドのメリットには、インターネットにつながる環境さえあれば、どこからでも利用できる点でもあります。

 

勤怠管理では、どこからでも利用できるという点が管理面でデメリットになっていました。

遅刻しそうなとき、駅から出勤打刻できてしまうと、管理になりませんよね。

その為、あえて機能を制限する設定を行い、事務所の打刻機でしか時刻の記録ができないようにしてたりします

 

テレワークでは、クラウドのメリットがフルに活かせます。

既にクラウドの勤怠管理システムをお使いであれば、その製品でテレワークに十分対応できると思いますよ。