勤怠管理システムを利用して業務を効率化しましょう。

最近、よく聞く言葉だと思います。

 

1分単位での労働時間集計

役職や部門により異なる時間集計ルールの併用

有給休暇の日数・時間管理

打刻忘れの日々確認

残業時間の日々確認

 

どれも時間をかければ、手作業でもできることです。

しかし、勤怠管理システムでは一瞬で処理されます。

 

それを駅の改札で考えてみますと、

有人改札で駅員がきっぷを切り、清算していたことが

自動改札にICカードをかざすだけに置き換わった

となります。

 

勤怠管理システムも、10年後には利用するのが普通の時代になっているのではないでしょうか。