勤怠管理システムの導入を検討するうえで、今までの管理方法にこだわると、実現が難しい場合があります。

システム化するのに高額な費用がかかったり、システム化を諦めざるを得なくなります。

 

しかし、現状にとらわれずシンプルに考えてみると、意外と簡単な答えが見つかることがあります。

 

労働時間の計算や管理においては、複雑な算出方法や管理を実施しても、シンプルに計算しても、その結果はわずかしか変わらない場合が多いです。

大きな手間と高額な費用をかけて現状を維持するか、シンプルに考え直すか、時間をお金に置き換えてシミュレーションしてみると、その違いを知ることができます。

現状を維持するコストと比較してみてはいかがでしょうか。

 

勤怠管理システムの導入をきっかけにゼロベースでシンプルに考えてみると、業務が大きく改善できるかもしれませんよ。