前回のテーマをいただいた方が勤怠管理システムを提案する立場の方でしたので、今回は勤怠管理システムの提案者として最も重要な視点をお伝えしたいと思います。

 

勤怠管理システムは、勤怠管理の業務を効率化したり、管理を強化するものです。

その為、勤怠管理システムを紹介する際、お客様の業務が最適化できるような提案をしがちですが、この提案ではお客様に受け入れられません。

業務の最適化や管理の強化は、提案者が考えたことであり、お客様が困っている事ではないためです。

 

そもそも、システムはお客様が困っている事(課題)を解決するものです。課題が解決できた結果として、業務が最適化されたり、管理が強化されたりします。

 

提案者の考えを押し付けるような提案がされていませんか?

お客様の視点で提案ができていますか?

 

まずはお客様が困っていること(課題)をヒアリングする。

その課題は、提案するシステムで解決できるかどうか。

できるのであれば、どのような方法になるのか。

その結果、お客様の業務はどう変わるのか。

 

私が勤怠管理システムの導入相談で実施していることは、お客様の状況をお聞きし、お客様の課題を明確化すること。

その課題はシステム化することで、解決できるかどうかをお伝えしています。

 

プロとして、よい役割分担ができると良いですね。

お客様の為に。