勤怠管理システムをうまく導入し活用するポイントは、固執しないことです。

 

1.今までの業務ルールに固執しない

システム化以前の業務はタイムカードやExcelの運用を前提として最適化されていると考えられます。

システム導入後も、その運用ルールを継続しようとすると無駄な業務が残ることになりかねません。

システムに合わせて柔軟に変えていくことが必要です。

 

2.必要と思われる機能に固執しない

勤怠管理システムに理想とする機能を求めすぎてしまうと、選択肢が狭まり、余計なコストが発生します。

工数管理や人事管理、経費精算など、勤怠管理に近い機能を求めてしまうと、勤怠管理の機能で妥協するか、カスタマイズ等で必要以上のコストがかかってしまう可能性があります。

 

3.導入時に想定した運用に固執しない

システムを導入するときに想定した運用方法は理想であり、幻想の可能性があります。

導入時に想定した内容にこだわりすぎると、社内が疲弊します。

運用後は、実際に現場で運用できる内容に柔軟に合わせていくことも必要です。

 

勤怠管理システムは、勤怠管理を適正化し、業務を効率化するものです。

その目的を見失わず、日々柔軟に対応していくことが業務の最適化には必要不可欠です。

働き方は、今後増々多様化していくと思いますので。