最近、勤怠管理システムの入替相談をお受けすることが多くなってきましたので、システム入替の検討基準をお伝えします。

質問:現状の勤怠管理システムにより、働き方改革関連法への対応が自社でできていますか?

YESの場合、現状の勤怠管理システムを使い続けることをお勧めします。

NOの場合、以下の原因が考えられますので、入替を検討した方が良いと思います。

・働き方改革に対応した機能が提供されていない

勤怠管理システムが古い可能性が高いです。
最新のクラウドサービスを利用することで、コストの削減と業務の効率化が実現できると考えられます。

・機能は提供されているようだが、使えていない

設定の不足等により勤怠管理システムが使いこなせていない可能性があります。
メーカーサポートへ連絡し、対応を試みてください。
対応が難しいようであれば、御社に合っていない可能性が高いですので早めに見切りをつけ、業務が効率化できる製品に入替えるのも一つの方法です。

また、オンプレ(買取型)の勤怠管理システムを利用している場合には、サーバー老朽化による入替タイミングで、クラウド型のシステムを広く検討してみてください。

多様な働き方への対応が容易になり、コストダウンが期待できる可能性が高いですよ。