勤怠管理システムの製品紹介ページを見ていると、簡単に導入ができるようなイメージを持つと思いますが、現実はかなり大変なプロジェクトになります。

 

勤怠管理システムを稼働するには初期設定が必要となります。

メーカーで実施する場合には、約3か月の期間を要します。

自社で設定を行う場合には、担当者次第となりますが、メーカーで実施するのと同レベルか、それ以上の工数が必要になると考えられます。

 

また、勤怠管理システムは従業員全員が使わされるものです。

給与計算システムや人事管理システムは、専門部署の担当者のみが利用しますので、本人が努力すれば、何とかなります。

しかし、勤怠管理システムは、利用者である従業員に利用してもらわないといけませんし、歓迎されるものではありません。

 

初期設定に負荷がかかり、社内の定着にも負荷がかかる、労働時間集計や休暇管理は間違いがないのが当然であり、間違いが生じるとかなり大きな問題となります。

勤怠管理システムの導入は想像以上にハードなプロジェクトとなりますので、覚悟を決めて取り組んでくださいね。

 

たまには、ネガティブな情報も新鮮かと思いまして。。。