今までのコラムでは、お客様の視点でシステムの選定基準をお伝えしていましたが、今回は、私が導入相談の際にお客様に合ったシステムを選定するポイントをお伝えします。

・お客様の解決したい課題
・お客様の担当者の性格
・お客様の会社の状況

 

勤怠管理システムの導入相談の際は、上記の3点を重要視して、お客様に合った勤怠管理システムを選定しています。

お客様の解決したい課題

お客様の課題はそもそも、システムで解決できるか、
その課題を解決する為に最適な製品はどれか、
その製品がお客様にとってオーバースペックにならないか、
といった視点で製品イメージを作っていきます。

お客様の担当者の性格

現在に至るまでの行動により、システム導入に関する主体性が見えてきます。
自分たちで初期設定が可能か、
導入はメーカーに任せた方が良いか、
お客様にとって、その製品を選定したときに、業務改善が見込めるかどうかを考えます。

お客様の会社の状況

勤怠管理システムに対する経営者の考えは、製品選定における最大の判断基準になります。
人事担当者に、
無駄な作業はお金で解決し、生産性の高い仕事を期待するか、
無駄なお金は極力控え、担当者の作業に期待するのか、
その会社の考えに合った、現実的な製品を選定します。
理想と現実のギャップを感じることも多いです。

今回は相談をお受けする側の視点で製品の選定ポイントをお伝えしてみました。
参考になれば幸いです。