少人数でも勤怠管理システムは必要か?

この質問は、いろいろな方からよく受ける質問です。

10名では? 20名だと? 30人だったら?

一概に答えを出すのは難しいですが、お客様にヒアリングすると、答えがでます。

 

勤怠管理システムは業務を効率化するものです。

勤怠管理の業務に対し、お客様が課題を持っており、その課題がシステムにより解決できるものであること。

システム導入のコストと、システム化の効果を比較し、お客様にメリットがあること。

 

この2つの判断基準が満たせるのであれば、5名の会社でも勤怠管理システムは必要ですし、判断基準に満たないのであれば、100名の企業でも勤怠管理システムは不要です。

 

このような視点で検討すると、お客様ご自身が判断できるようになりますし、納得感を持って勤怠管理システムの導入を進められるようになりますよ。